電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/SKODA ENYAQ(シュコダ エンヤック)

電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/SKODA ENYAQ(シュコダ エンヤック)

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

Skoda Enyaq

 日本では馴染みの少ないシュコダが初のEV-SUVを発表しました。日本では珍しいシュコダでしかもEVとなるとさらに珍しいのではないでしょうか。並行輸入で日本でシュコダの電気自動車を乗ることができます。YMワークスでは新車、中古車問わず仕入れることができます。お気軽にお問い合わせください。

 シュコダが製造するフルエレクトリックの中型クロスオーバーSUVになります。フォルクスワーゲングループのMEBプラットフォームで作成されたEnyaという名前は本質、精神、原則、を意味するゲーリック語eithneに由来するアイルランド語のenyaからきています。見た目もよくボンネットが短くキャビンが長いので、従来のSUVとは一線を画すポロポーションでありながら、スマートで高級感のあるフォルムになっています。Enyaqは素晴らしい回転円と優れた視認性により、街中で最もくつろぐことができます。

 新しいEnyaqiVは、電気自動車用に特別に開発されたモジュラープラットフォーム上に構築されており、最先端のテクノロジー、急速充電、および長距離を提供します。Elliを搭載したシュコダiV充電器またはwallboxは、シュコダEV用の壁掛け充電器になります。この充電器は家庭用幹線と電気自動車の間の仲介役として機能し、自身と愛車の両方にとって完全に安全な充電プロセスを作成します。ウォールボックスを使用することで、充電時間が数倍短縮されます。

性能

 シュコダEnyaqには60と80の2つのバッテリーバージョンがあります。60には62kwhのバッテリーパックと180hpの電気モータが使用されており、航続距離は256マイルになります。80には最大82kwhの容量を持ち、333マイルの航続距離を持ち、より強力な204hpの電気モーターを備えています。60はより短い範囲に対処できう場合に最適です。

7kwの家庭充電器を使用した場合、0%から満充電まで約9時間ほどかかります。最大125kwDCで充電することができます。思いバッテリーは車内の低い位置に配置されており、有利な重量配分により、荒れた状態の道を走ったとしても十分なグリップが得られます。ステアリングも正確で調整されているためタイトな街の操作を軽視できます。

 乗員は三点シートベルトと連動する最大9個のエアバッグによって保護されます。事故が避けられない場合、乗客は衝突の危機がある場合に窓を閉め、ベルトのプリテンションを作動させるクループロテクトアシストによって衝撃に備えます。マルチコリジョンブレーキはブレーキをかけることで車両の正業不能な動きを防ぎ、複数の衝突のリスクを下げます。リアトラフィックアラートは、別の車が接近しているかどうかを検出し、適切なタイミングで警告するため、安全に車を出すことができます。

マヌーバアシストを備えたパークディスタンスコントロールは、狭いスペースで車を操縦するときに障害物にぶつからないようにします。レーダーはフロントエリアを監視し、フロントアシストがほかの車両や人との衝突が差し迫った場合に警告したり、車を停止したりできるようにします。また、衝突回避アシストも含まれており、障害物を安全に回避できるように回避操作を実行するのに役立ちます。左ハンドルで左折する場合、差し迫った危険がある場合には車両を完全に停止させます。

インテリア

 デザインはスマートでダッシュボードはやや柔らかなアームレストを含め、全体的に素敵な生地の装飾が施されています。中央にはタッチスライダーで保管されたインフォテインメントシステムが搭載されています。スライダーを使用して音楽の音量を調節したり、ナビのマップを拡大、縮小したり、空調温度を変更したりすることができます。スマートリンクを使用すると、インフォテインメントシステムのディスプレイを介してスマートフォンアプリを使用および制御することができます。シュコダコネクトの機能の一つであるリモートアクセスを使用することで、乗車する前に室内の喚起をオンにsることができます。温度を上げたり下げたりすることで、快適な温度で乗車することができます。ローラ・音声アシスタントで車を声で制御することができます。

この車両には突然の雨に備えて、運転席ドアの傘を含め、両方のフロントドアにコンパートメントがあります。

電動チャイルドセーフティロックがついており、必要に応じていつでも、運転席から電子的にリアドアロックをアクティブまたは非アクティブにすることができます。

オプションで折り畳み式テーブルをつけることができ、実用的になり、ドリンクホルダーも前部座席の背もたれに組み込まれます。

 前席の背もたれの後ろ側には小さなポケットがありスマホなどをしまうのにちょうどよい大きさになっています。フロントドアパネルとリアドアパネルには1.5Lのボトルが入るスペースがあり、長旅などでは長保できます。ステアリングホイールの下の左側には引き出しがあり、駐車場のカードや、雑貨などをしまうことができます。センターコンソールの携帯電話収納コンパートメントがあり、ワイヤレス充電器になっているので、置いておくだけで充電ができます。サイドドアとダッシュボードのLED照明の薄いトリップは薄暗くなってくると車内の雰囲気を特別にします。利用可なカラーは全部で10色になります。後部座席の人も背面に2つのUSB-Cポートと230Vソケットがあるので、スマホなどを充電することができます。

スペック

電気モーターRS:225(302hp)
80X:192kw(257hp)
80:150kw(200hp)
60:132kw(177hp)
50:109kw(146hp)
バッテリー80/80X/RS:82kwhリチウムイオン液体冷却
60:62kwhリチウムイオン
50:55kwhリチウムイオン
電気レンジ80X/RS:460km
80:500km
60:390km
50:340km
充電80/80X/RS:125kw DC
50/60:100kw
AC充電器:7.7kw/11kw三相オンボード充電器
全長/全幅/全高4648mm/1877mm/1618mm
ホイールベース2765mm