電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/Volkswagen ABT e-Transporter 6.1(フォルクスワーゲン ABT eトランスポーター)

電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/Volkswagen ABT e-Transporter 6.1(フォルクスワーゲン ABT eトランスポーター)

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

モデル概要

2018年に最初のABT e-Transporterが発表されてました。フォーミュラEレーシングチームとアウディのパートナーシップでよく知られているドイツのチューニング会社である電気のスペシャリストABTとのパートナーシップで開発されました。eトランスポーターはトランスポーターの最新バージョンであるT6.1に基づいています。

ABTはAudis、SEAT、その他のVWグループモデル用のアフターマーケットホイールとボディキットを提供し、フォーミュラE電動シングルシーターシリーズでアウディのエントリーを実行していることで有名なドイツの会社になります。e-トランスポーターと前途のヨーロッパのみのeキャディの構築を担当するEV部門を持っています。

視覚的な変更点の大きな部分はフロントグリルの改訂になります。eトランスポーターには83kwの電気モーターと37kwhのバッテリーパックがエンジンと燃料タンクにとって代わります。これは現在廃止されているeゴルフハッチバックに搭載されていたものと本質的に同じテクノロジーです。最初に発表された時に、大型のバッテリーパックバージョンも設定されていましたが、今のところ製造はされていません。

乗り心地とハンドリングはまともで、重いバッテリーがシャーシの低い位置に配置されているため、eトランスポーターは、燃焼エンジンを搭載した同等品よりも、空のときにバウンドしたりクラッシュしたりする可能性が低くなります。この車は歩行者に接近していることを警告するために、かすかな人口ドップラー音を出します。

性能/機能

eトランスポーターに搭載されている37.3kwhのバッテリーは、最大82マイル(131km)の航続距離を持ちます。充電はタイプ2およびCCS充電ポートを介して処理されます。ACおよびDC充電が利用可能で、最大で50kwDCまでいけます。適切な電源に接続すると80%までを45分で、7.2kwのウォールボックスでは、100%までを5時間半ほどで充電します。

108bhpの電気モーターはVW eゴルフにあるものと同じであり、電気モーターで使用するためにABTによって調整されたVWのDSGツインクラッチギアボックスの修正バージョンに接続されます。他の電気バンなどとは違い、この車両には派手な運転モードや、回生ブレーキのオプションはありません。代わりにDSG自動バージョンのディーゼルバンの場合と同じように、レバーを下に引いてドライブして移動するだけです。

eトランスポーターの機能の1つは、オートマチックギアボックスのキックダウン機能と同様に、少量の追加のパワーオンタップです。通常の運転では、83kwのモーターの出力の75%が得られますが、アクセルを強く推すと、100%が完全に得られます。これは、燃焼エンジンとペアになっている多くの自動変速機に似ていますが、パワーがよりスムーズかつ瞬時に到達するというプラスの違いがあり、追い越しする際などに、すばやく加速することができます。

アクティブおよびパッシブの安全性に優れています。どちらのバージョンも、センサーを使用して状況に応じてブレーキ力を調整するシティ緊急ブレーキ付きフロントアシストも備えています。City Emergency Brakingは、センサーが18mph(30km/h)未満の速度で障害物を検出すると、ブレーキを自動的に作動させます。また、バンが制御不能になっていることをセンサーが検出した場合にステアリングアシストを提供するステアリングレコメンデーションも含まれています。

インテリア

eトランスポーターにはスマートで機能的なキャブがあり、適切なサイズの収納コンパートメントと頑丈なインテリアが備わっています。パネルバンには3人乗りのレイアウトがあり、コンビは前に2つの個別の座席、後ろに3つのベンチ座席が備わっています。バンのツインパッセンジャーシートがオプションであり、これを追加することで6人乗りになります。

パネルバンのキャビンスペースは、3人の乗客が乗っている場合でも良好ですが、中央の座席の足元はギアセレクターの位置によってわずかに制限されます。ライバルの電動版はスティックシフターを捨てますが、トランスポーターディーゼルに見られるDSGを装備したギアレバーがあります。

ダッシュボードは、タコメーターの代わりに取り付けられたeゴルフに見られるものと同様のエネルギーゲージを備えていますが、6.5インチのタッチスクリーンインフォテインメントシステムはすべてのモデルに標準装備されています。VWの乗用車の水準には達していませんが、耐久性があり、しっかりとした造りになっています。オプションで大きなタッチスクリーンを備えたVWのDiscoverMediasat-navを追加することもできます。

バッテリーが積載スペースの床下に配置されているため、通常の積載スペースは通常のバンから完全に変更されていません。これによって3m弱の長さを持ち運べるだけでなく、6.7m³のスペースもあります。しかし、ペイロードに影響があります。多くのメーカーは同等の燃焼エンジンと比較して電気モデルの不足を制限するために、バンからできるだけ多くの重量を取り除くように努めてきましたが、eトランスポーターのペイロードは996kgで300kg以上少なくなっています。