電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/MercedesBenz e-Vito

電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/MercedesBenz e-Vito

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

モデル概要

eヴィートは英国で販売されたメルセデスからの最初の完全生産の100%電気バンです。中型のヴィートに基づいて作られており、ディーゼルエンジンが全電気駆動システムと入れ替えられました。電気モデルと通常モデルの唯一の外観の違いは、フロントウィングの電気バッジとテールゲートのヴィート名の前にある青いeマーク、およびバンが低速走行時のノイズ欠如です。外観以外はいくつかの変化はあります。

eヴィートは標準で3.2トンの総車両重量になっており、車体の長さに応じて890-950kgの積載量を提供します。2つの形式があります。6.0m³の積載量と2831mmの長さを得るL2バリアント。または非常に長いL3バージョンで、6.6m³と3061mmのロードベイの長さを実現します。ペイロードは両方のバージョンで類似しており、長いバージョンは1043kgを運び、非常に長いバンは1073kgを運びます。

標準のバンと同様に、乗り心地は優れており、eヴィートは激しい加速やブレーキングの下でピッチングやロールをしません。また、バンが荷を下されていないときは、従来の弾むような乗り心地は得られません。歩行者や自転車に存在を警告するためのサウンドジェネレーターがあります。速く走行するとタイヤの騒音が目立ちますが、通常のディーゼルバンよりもはるかに静かです。

性能/機能

114bhpの電気モーターが41kwhのバッテリーから電力を引き出し、前輪に駆動力を送ります。このバッテリーはメルセデスEQCで使用されているものの約半分のサイズです。バッテリーの使用可能容量は35kwhで、公式の93マイル(150km)を走行させるのに十分な電力を保持します。低速でストップさたーとの都市部での運転が多いと、100マイル(160km)を超える可能性がありますが、高速走行では、80マイル(128km)まで消耗する可能性があります。

eヴィートには7.4kwhの充電システムが装備されており、ディーゼルヴィートの燃料フィラ―と同じ場所に、助手席側のドアのそばのソケットに差し込む4メートルのコイル状のタイプ2充電ケーブルが付属しています。ウォールボックスまたは標準の公共充電ステーションからのみ充電でき、最新のCCS公共充電システムとは互換性がありません。フル充電には6時間ほどかかります。

電気モーターをパフォーマンス又はバッテリーの節約に集中させる3つの運転モデル、コンフォート、エコノミー、エコノミー+に加えて、ドライバーが足を離すたびに回生ブレーキをかけることでバッテリーを補充する包括的なエネルギー回収システムを備えています。運転モードはダッシュボードのボタンで制御され、通常はオートマチックトランスミッションの応答を制御します。

現在の多くの電気自動車と同様に、ブレーキモードはステアリングホイールのパドルシフターによって制御されます。起動時のデフォルトはDモードで、最も効率的な設定です。最大モーターブレーキ回復は毎秒-1.5メートルです。電気モーターが発電機になり、エネルギーをバッテリーに戻すため、アクセルを持ち上げるだけでバンの速度が低下します。通常はハンドルのチェンジアップパドルとなるものを引くと-1.0msの適度なブレーキエネルギー回復でDモードに切り替わり、D+までもう一度フリックすると-0.5m/sに減少します。

インテリア

ツインのスライド式サイドドアとトップヒンジのテールゲートが付属しており、キャビンのシートの下に収納してフロアレベルで追加の積載長を作成するフルスチールバルクヘッドがあります。メルセデスは、内部を保護するためのラックシステムや木製パネルなど、ビニールで覆われた合板の床に様々なアクセサリーを提供しています。また、ルーフバーを使用して環境収容力をさらに高めることができます。

キャブ内ではeヴィートは自動装備のヴィートと同じように見えます。インジケーターとワイパー用の標準的なシングルカラムストークに加えて、反対側にドライブセレクターがあります。ステアリングホイールにはパドルもされており、加速していないときに電気駆動列が収集するエネルギー回収を選択できます。

通常のモデルのように、広いドアの開口部と適切に配置されたステップは乗り込むのを簡単にしてくれます。内部のスマートな黒のCalumaシート生地は見栄えっします。3人乗りのフロントベンチが標準で装備されており、必要な場合はレイアウトを2つの個別のシートに置き換えることができます。