TOYOTA AYGO X(トヨタ アイゴ クロス)

TOYOTA AYGO X(トヨタ アイゴ クロス)

TOYOTA AYGO X

 日本に正規輸入されていないトヨタアイゴ。そのアイゴから2022年に欧州にて販売予定されていたアイゴXが2022年の春に販売されることが決定しました。2022年アイゴXは日本に導入される予定はありません。右ハンドル(UK仕様)が主な紹介ですが、左ハンドル仕様も取り扱っておりますのでどちらの仕様も対応いたします。

 アウターボディはツートンカラーのコントラストでアイゴXのシティスリッカー姿勢を示唆しています。アイゴXのフロントはほぼ幻想的な配置の三角形の散りばめられたグリル、2本の突起のあるLEDヘッドライト、およびカラーに関係なくマット効果で仕上げられたボンネット全体の強力なパネルでできた外観になっています。

 最新のトヨタアイゴはプジョーとシトロエンとの合併事業ではない最初のアイゴになります。トヨタはこれを機に車をTNGA-Bの凝縮バージョンに切り替えました。プラットフォームはヤリスとヤリスクロスをサポートする同じアーキテクチャです。アイゴXはヨーロッパ市場専用に開発されており、小型SUVとクロスオーバーの現在の需要にこたえています。

アイゴXを購入される方は3つのコアトリムと限定版モデルから選択できます。コアトリムでは「ピュア」「ミッドレンジエッジ」「エクスクルーシブ」、500台限定版モデルは「アイゴリミテッドエディション」になります。

ピュアモデルエッジモデルエクスクルーシブリミテッドエディション
17”アルミホイールピュアモデル装備エッジモデル装備エクスクルーシブ装備
自動ヘッドライト18″アルミホイールワイヤレス充電器オレンジのディティールが施されたグリーンのペイントシェード
エアコン自動ワイパーLEDヘッドライト18″ブラックアルミホイール
アダプティブクルーズコントロール8 “HDマルチメディア画面キーレスエントリー/スタート標準のキャンバスルーフ
AppleCarPlayリアプライバシーガラスオンライン衛星ナビゲーション加熱されたパートレザーシート
AndroidAutoツートンメタリックペイント
カラースキーム
9 “HDマルチメディア画面
7インチタッチスクリーン
自動ハイビームアシスト
自律緊急ブレーキ
道路標識アシスト
車線維持技術

カラーバリエーション
ピュアモデル:・Pure White(Solid)・Silver(Metallic)・Eclipse Black(Metallic)
エッジ、エクスクルーシブ:・Juniper Blue(Metallic)Bi-tone ・Chilli Red(Premium)Bi-tone
・Ginger Beige(Metallic)Bi-tone ・Cardamom Green(Metallic)Bi-tone
リミテッドエディション:・Cardamom Green(Metallic)Bi-tone
*Chilli Red(Premium)Bi-toneは他より価格が上がります。

性能

 提供されているエンジンは1つとなり、71bhpと69lb・ftを生成する非電動1.0L 3気筒ガソリンユニットになります。5速マニュアルまたはCVTオートマチックギアボックスと組み合わせて、最大60mpgの出力が可能です。おおよそ0-100km/hまでの加速を15.5秒で行います。座席位置が55mm高くなったことにより、ドライバーは歩行者や自転車などがよく見えるようになり、Aピラーの角度が10%増加して24°になり、視認性が向上しました。大きくなったホイールとタイヤ、実績のあるTNGAサスペンション、改善されたロール剛性、より低いロール角度がすべて組み合わさって卓越した乗り心地とコントロールを提供します。トリムレベルと装備に応じてアイゴXは940-1015kgでスケールを傾けます。フェザー級であるため4.7L/100km(1ガロンあたらい80km)でCO2排出量は107g/kmになります。

 アイゴXには単一のカメラセンサーとレーダーの組み合わせを採用した、あらゆる運転支援システムが標準で提供されます。これらには追加の車両検出機能を備えた衝突前緊急ブレーキシステムが含まれています。また、アダプティブクルーズコントロール、夜間歩行者検出、車線追跡支援などの様々な安全技術が搭載されています。

インテリア

 車内は快適にできており、ダッシュボードの中央にはインフォテインメントがあります。ステアリングホイールはしっかりと構成されており、計器は十分に没入感があります。インフォテインメントシステムにはAppleCarPlayとAndroidAutoがインストールされているため、アプリを簡単にペアリングすることができます。また、オプションでJBLスピーカーシステムを使用するとお気に入りのストリーミングアプリやラジオなどのサウンドを強化することができます。キャビイン自体は遮音性の向上、都市交通騒音からの保護、および大きな寸法のおかげで全体的に快適になっています。

 ボディ全体の幅は125mm増加し1740mmになりました。これによりフロントシートは20mm離れて配置され、ショルダースペースが45mm増加します。ラゲッジスペースもセグメントをリードしており、ロードスペースの長さが125mm長くなり、後部座席の後ろにスマートなスペースデザインがあり、貨物容量が60L以上増加して231Lになります。さらにパゴダルーフデザインはコンパクトな全体寸法を維持しながら快適で広々としたキャビンを提供します。サイズが大幅に拡大しているにも関わらず、旋回円はわずか4.7メートルであるため、狭くてにぎやかな通りである混雑した都会でも運転がしやすくなっています。

スペック

タイプ1KR-FE3気筒、直列3気筒
バルブ機構12バルブDOHC
VVT-i付きチェーンドライブ
燃料システム電子燃料噴射
排気量998cc
ボア×ストローク71×84mm
パワー53kw/6000rpm
トルク93Nm/4400rpm
最高速度151km/h(S-CVT)
157km/h(MT)
加速0-100km/h 15.5秒(S-CVT)
0-100km/h 15.6秒(MT)
全長/全幅/全高3700mm/1740mm/1525mm
ホイールベース2430mm
縁石重量940-1015kg
車両総重量1360kg

この車両・類似車両について問い合わせる