Citroen C1(シトロエン C1)

Citroen C1(シトロエン C1)

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

Citroen C1

 初代のシトロエンC1は2005年にPSAグループとトヨタ自動車による「トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモービル」通称TPCAによってプジョー107、トヨタ アイゴとともに開発されました。当時、欧州のAセグメントカーでは珍しい5ドアが設定されました。日本での正規輸入の可能性は低いC1ですが、ワイエムワークスでは新車、中古車問わず並行輸入をすることができます。ほぼすべてのトリムレベルで、手動又は自動ギアボックスと組み合わせることができます。3ドア又は5ドアのバイブがあります。C1の独特なスタイリングで優れた第一印象を与えます。風変わりなスプリットレベルのヘッドライト、様々な対照的な色とトリムのオプションの結果です。

 第二世代モデルは古いプラットフォームに基づいて、現在のC1は2014年に製造され、前任者と同様に、プジョーとトヨタの兄弟と多くを共有しています。以前のC1と108は見た目が非常に似ていましたが、新しいバージョンでは異なります。エントリーレベルのタッチトリムは3ドア形式のみが選べ、フィールトリムとフレアトリムは3ドアモデルと5ドアモデルの両方が選べます。アッパーレベルのアーバンライドとオリジンのトリムは5ドアモデルのみで、5ドアモデルには「エアスケープ」ピールバックファブリックルーフがついています。フロント電動ウィンドウ、LEDデイタイムランニングライト、14インチのスチールホイール、リモートセントラルロックを提供する基本的なタッチトリムで始まります。

 次世代C1は、2021年3月にリリースされる予定でしたが、計画はキャンセルされました。

性能

 初代C1に搭載されていたエンジンは1.0L 1KR-FE I3 ガソリンエンジンと1.4L DV4-TD I4ディーゼルエンジンの二つがありました。1.0Lガソリンエンジンの出力は68PS(50kw;67hp)/6000rpm、トルクは93Nm(69lbf・ft)/3600rpmで、最高速度は160km/h、加速は0-100km/hを14.3秒になります。1.4Lディーゼルエンジンの出力は55PS(40kw;54hp)/4000rpm、トルクは130Nm(96lbf・ft)で、最高速度は155km/h、加速は0-100km/hを15.6秒になります。

 第二世代に搭載されているエンジンの種類は3つあり、1.0L 1KR-FE I3ガソリンエンジン、1.2L EB2-F I3ガソリンエンジン、1.0L 1KR-B52 I3ガソリンエンジンがあります。1.0Lガソリンエンジン(1KR-FE)の出力は69hp(51kw;70PS)/6000rpm、トルクは95Nm(70lbf・ft)/4800rpmで、最高速度は158km/h、加速は0-100km/hを14.4秒になります。1.0Lガソリンエンジン(1KR-B52)の出力は72hp(54kw;73PS)/6000rpm、トルクは117Nm(86lbf・ft)/4800rpmで、最高速度は159km/h、加速は0-100km/hを14.2秒になります。1.2Lガソリンエンジンの出力は82hp(61kw;83PS)/5750rpm、トルクは117Nm(86lbf・ft)/2750rpmで、最高速度は171km/h、加速は0-100km/hを11.0秒になります。

 アップグレードすることで6つの運転支援システムが搭載されます。車が実線又は断続的な線を横切るとドライバーに音声と視覚による警告を出す車線逸脱警報システム。20mphまでの市街地走行中に斬峰の車両との差し迫った衝突を感知すると自動的にブレーキをかけるアクティブシティブレーキ。制限速度標識を読み取り、7インチのタッチスクリーンを介して情報を送信する速度制限標識の認識と推奨事項。キーをポケットやバックに入れたまま車のロック、解除、始動を行えるキーレスエントリーとスタート。タッチスクリーンに背面図が表示されるリバースカメラ。急な坂道で車を引き離すときに2秒間車を保持し、安全でスムーズな進行を可能にするヒルスタートアシストがあります。

インテリア

 乗車定員は4名で、リアシートの空間はミニマムです。リアウインドウは外側にポップアップするタイプですから、大人が寛ぐというよりは、短距離利用など割り切った使い方に向きそうです。基本のモデルには高さ調節可能なステアリングホイールのみが付属しています。運転席の高さ調節が必要な場合は、ミッドレンジのSenseモデルを選ぶ必要があります。基本的なC1にはリモートセントラルロック、電動ウィンドウ、2スピーカーMP3ステレオを備えた3ドアのみのライブトリムレベルで提供されます。Senseモデルにアップグレードすることにより、エアコン、分割折り畳み式後部座席、省スペースのスペアタイヤ、Bluetooth電話接続などの便利なキットが追加されます。また、スマホの画面をミラーリングし、音楽ストリーミングや衛星ナビゲーションなどの機能にアクセスできる7インチのタッチスクリーンも付属します。トランクスペースは196Lで、後部座席を折りたたむことにより780Lになります。

 ダッシュボードは燃料消費量などの情報を強調表示するLCDディスプレイを組み込んだ大きなスピードメーターが埋め込まれています。オプションのデジタルタコメーターを左側に取り付けることができ、右側に2つの緑の矢印が点滅して、ギア変更するタイミングを通知します。小さなセンターコンソールは、標準でDABラジオと、ミッドレンジのフィールトリムから上に向かって7インチのインフォテインメントスクリーンを備えています。