CITROEN C3 PICASSO(シトロエン C3 ピカソ)

CITROEN C3 PICASSO(シトロエン C3 ピカソ)

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

Citroen C3 Picasso

 シトロエンC3ピカソは日産ノート、フォードB-max、キアソウルに匹敵する実用的なブーツを備えた独特のスタイルのファミリーカーです。日本での正規輸入はされてはいないものの、その大きさ、動力性能など日本で乗るのには適しているモデルになります。YMワークスでは新車、中古車問わず並行輸入することができます。右ハンドルから左ハンドルまでご希望の車種がございましたらお気軽にお問い合わせください。お探しして無料でのお見積もりもいたします。

 C3ピカソは2008年から2017年に製造、販売されました。比較的小さいサイズにもかかわらず、内部が非常に広いため、クォートをパインポットにほぼ絞ることができることを証明しています。C3ピカソに使用されているシャーシプラットフォームはシトロエンC3、プジョー207のシャーシプラットフォームを修正したものであり、同等のホイールベースを備えています。60kgを運ぶことのできるアルミニウム製ルーフラックやドアミラーのカーブサイドライトなど、オプションのアクセサリをこの範囲で利用できます。また、2つのパターンから選択できる16インチ/17インチのアルミホイール、バンパーとドア用のクロームモールディング、フロントフォグランプとクルーズコントロール、リアパーキングセンサー、自動ライト、速度制限装置、安全上の理由または燃料費の削減のための一般的に使用されます。ステアリングはダイレクトで直線的ですが、実際に前輪に接続されているような感覚はありませんが、シャーシは体の主要な動きを制御するためのトークンの努力のみを行います。

性能

 C3ピカソのエンジンラインナップはガソリンとディーゼルが選ぶことができ、ガソリンでは1.4Lと1.6LのVTi 16V 直列4気筒ユニットが選べ、ディーゼルでは1.6 HDi 16V、1.6 HDi Airdream 8V 4気筒ユニットが用意されています。2017年にイギリス仕様で搭載されているエンジンはこれらより世代の新しいユニットが搭載されており、一つはPSAグループにおけるスタンダードである、1,2Lガソリン3気筒PureTech 110直噴ターボエンジン、2つ目は1.6Lターボディーゼル4気筒 Blue HDi 100が搭載されています。6EGSはカタログ落ちし、組み合わせられるトランスミッションは5MTのみです。すべてのモデルには2011年まで5速マニュアルギアボックスが付属していましたがその年には6速マニュアルおよびオートマチック(EGS6)マニュアルバージョンが導入され、環境に優しいアイドリングストップシステムと回生ブレーキが搭載されていました。

 C3ピカソの運転中は風、道路、エンジンの騒音が低くなっています。しなやかで落ち着いた乗り心地に支えられており、大きな凹凸やくぼみさえも吸収します。サスペンションはシンプルなものかもしれませんが、快適さのために十分に準拠しているだけでなく、ボードに前負荷がかかっても適度に影響を受けないように十分に制御されています。ドイツ市場向けの2つの新機能ExclusiveモデルとTendanceモデルのテクノロジーはCO2を削減し、これらの導入により、より高い使用のAirdreamエンジンのリリースと同時に行われ、欧州排出基準の二酸化炭素排出制限が引き下げられ、低転がり抵抗タイヤが全範囲に追加されました。タイヤはタイヤが転がるときの無駄なエネルギーを最小限に抑えるように特別に設計されており、一般手kな車の燃料の1.5~4.5%を節約すると推定されています。

インテリア

 内部に施されているほとんどのプラスチックは手触りに優しい質感を持っているので、品質はとても良いです。ファンキーなフォルムと見栄えの良い素材が高級感のあるインテリアの印象を与えてくれます。選択できるトリムはエディションとプラチナの2つがあります。エントリーレベルのエディションモデルには、パノラマのフロントガラス、フロントフォグライト、多くのクロームトリム16インチのアルミホイール、ルーフバーが標準装備されており、内部にはエアコン、クルーズコントロール、オールラウンドの電動ウィンドウ、リアパーキングセンササー、Bluetooth接続があります。プラチナモデルでは、自動ワイパーとライト、デュアルゾーン気候制御、自動防眩バックミラー、17インチのアルミホイール、パノラマサンルーフが含まれます。

 箱型で直立した外観によって、キャビンスペースの超小型寸法を最大限に活用することができます。内部を見回すと、収納バックがあり、しっかりとねじ込まれていて、上品なアルミニウム製の通気口が特徴の魅力的な鼻隠しがついています。後部のチャイルドシートには標準のISOFIX取り付けポイントがあります。C3ピカソのテールゲートを開くと500Lのブーツが現れます。調節可能なリアベンチシートを最も前方の位置にスライドさせた場合に限り、後部のレッグルームとは大きく異なります。後部ベンチを押し戻して乗客のためのスペースを増やすとブートボリュームは385Lに減少します。すべてのシートを平らに折りたたむと、持ち上げられたパネルがドロップインして、ブートフロアがそれらと同じ高さになるようにします。その結果1,506Lに達します。

スペック(2017年モデル)

エンジン水冷直列3気筒 PureTech 110ターボ フロント横置
排気量1,199cc
駆動方式5速 MT
最高速度187km/h
加速0-100km/h 11.8秒
出力81Kw/5500rpm
トルク205Nm/1500rpm
全長/全幅/全高4078mm/1766mm/1670mm