TOYOTA AYGO(トヨタ アイゴ)

TOYOTA AYGO(トヨタ アイゴ)

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

Toyota Aygo

トヨタアイゴは日本では正規輸入されていない車両になります。YMワークスでは新車、中古車問わず仕入れることができます。アイゴとい名前は自由と機動性を象徴する言葉から由来しています。プジョー、シトロエンとの共同開発車両になり、プジョーでは108、シトロエンではC1がふぉくじの外装がつけられ販売されました。

 アイゴの第一世代は2005年より販売が開始しました。3ドアと5ドアの2つがあります。利用可能なエンジンは2種類あり定格68bhp(51kw)の1.0L 3気筒エンジンと定格54bhp(40kw)の1.4LHFiディーゼルI4エンジンがありました。第一世代は約10年ほど製造が続けられていました。第二世代は2014年度から製造され、モデルのラインナップはAygo x(アイゴ クロス)がベースモデルで、「Aygo x-play」「x-pression」「x-cite」「x-clusiv」「x-pure」の6つがあります。

2022年に新型のトヨタアイゴ(トヨタ アイゴ クロス プロローグ)が欧州にて販売されます。
日本での輸入は考えられていないため並行輸入でしか買えない一台になるでしょう。

 現在のアイゴは前のモデルと機械的にそれほど違いはありませんが外観は現代的なデザインになっています。消音機能の改善により、この車はより洗練されたスピードで走ることがせきます。アイゴはコンパクトなデザインナタメ実用性に優れています。車両の安全性のいくつかの重要な進歩を含む、小祭ながらも価値のある技術的な改善があります。それはとても質素で、パーソナライズが簡単で、トヨタの最新のx-touchマルチメディアシステムとの接続が良好です。前席のスペースはかなり良いですが、エントリーレベルのトヨタアイゴでは運転席の高さを調整することはできません。少なくとも、長距離の旅行での不快な腰痛を防ぐためにぱっどがあります。

Toyota Aygo x Prologue

 2022年に欧州にて販売される予定のAygo x prologue(アイゴ クロス プロローグ)について紹介します。日本での正規輸入の予定はないため並行輸入での購入になります。大きな19インチのアルミホイール、高いドライビングポジションを備えたモダンな都会の生活からインスピレーションを得たコンパクトなクロスオーバーは日本でも人気の出そうなデザインになっています。背の高いリボンのようなブレーキライトはシティーカーの特徴であり、ライトストリップを通してテールゲートの周りを包むことでフロントを少し模倣します。

 アイゴクロスプロローグの動力源に関する詳細はまだありませんが、トヨタヤリスのようにコンパクトハイブリッドシステムが搭載される可能性が高いです。完全電動バージョン(EV)が追加される可能性もございます。現在よりも235mm長くなり3700mmになります。ホイールベースは90mmアップし、全幅は125mm増加、前席乗員のショルダールームが45mm増えました。ルーフラインは旧アイゴより50mm高く、着座位置は55mm高くなっています。

コンセプトの製品版の内装になります。ダッシュボードの上に取り付けられた大きなタッチスクリーンを備えた、シンプルで実用的なデザインになります。

 選べるカラーは4つあり、チリレッド、カルダモングリーン、ジンジャーベージュ、ジュニパーブルーがあります。各オプションはインテリアの配色と調和して特別な雰囲気を作り出します。

 新着の情報などが入っていき次第、ホームページ、ブログにてアップしていきます。

性能

 2014-2018年のトヨタアイゴには1.0L 1KR-FE I3ガソリンエンジン、2018-2021年には1.0L 1KR-B52 I3ガソリンエンジンが搭載されています。アイゴの3気筒ガソリンエンジンは、激しく加速すると大きな音を出しますが、適度に質素で十分なパワーがあります。第二世代アイゴの「x-play」では2つのパターンがあり、どちらも1.0Lガソリンエンジンで72馬力になります。1つはマニュアルで0-100km/hの加速は13.8秒、燃費は58mpgほどになります。もう一つはオートマチックで0-100km/hまでの加速は15.2秒、燃費は54mpgほどになります。

 街中での走行するのに適しているため安全に走行できるようにすべてのモデルにヒルスタートアシストや緊急ブレーキ、車線逸脱警報などの機能が付属しています。1.0エンジンの以前のバージョンに対する技術的なアップグレードは、燃焼効率の向上、内部摩擦の低減、および排気ガスの流れの最適化に重点を置いてます。わずかに高い圧縮率を備えた新しいシリンダーヘッドに加えて、排気ガス再循環システムとより自由に流れる触媒コンバーターなどの変更が行われています。

インテリア

 内部は市使いやすいレイアウトになっています。暖房と換気のコントロールは 直射日光の下で読むのに十分な明るさのオレンジと黒の画面の周りのセンターコンソール単一のリングにグループ化されています。全てのトヨタアイゴは、ミニマリストのセンターコンソールと、AppleおよびAndroidデバイス用の直感的なスマートフォンミラーリングを備えたタッチスクリーンインフォテインメントシステムを備えています。ローセットの運転席は便利なヘッドルームとショルダースペースを生み出しより急勾配のステアリングコラムは運転位置の直立間を低下させます。トランクスペースはゆったりとしています。ダッシュボード全体に焦点を提供しx-touch7.0インチタッチスクリーンマルチメディアセットアップからおおきな恩恵を受けました。すべてのモデルに標準日装備されており、DABラジオとBluetooth接続を備えており、うまく実行します。

スペック

タイプ1KR-FE/1-LITRE/3-CYLINDER/IN-KINE
バルブメカニズム12-バルブDOHC、VVT-I付き
出力72din/53kw 6000rpm
トルク93Nm 4400rpm
ホイールベース2340mm
全長/全幅/全高3455mm/1615mm/1460mm