Volkswagen Beetle(フォルクスワーゲン ビートル)

Volkswagen Beetle(フォルクスワーゲン ビートル)

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

Volkswagen Beetle

 現代のビートルが1997年に初めて発売されたとき、それは新しいランニングギアと元のビートルから引き継がれた様式化された外観とレトロなデザイン要素を組み合わせたため、自動車メーカーにとって新しい時代をむかえました。1997年の第二世代のニュービートルのスタイルはオリジナルとあまり共通点がありません。その車は前翼、後翼、ドーム型の屋根の3つの半円で定義され、現在の外観に決定しました。ビートルの範囲は、標準車とそれに続くデザインモデルとR-Lineモデルで構成されていますが、VWは以前、ターボブラックとターボシルバーの特別版を販売していました。すべてのモデルにはエアコン、Bluetooth、DABデジタルラジオが標準装備されており、キーレスエントリーとパノラマサンルーフが高いトリムのオプションに含まれます。ビートルはリフレッシュされ、いくつかのインテリア技術日アップグレードとともに、新しいレンジトッピングもRライントリムが追加されました。

 VWの範囲全体で利用可能な最新の技術を使用することができます。変わらないのはライバルよりもはるかに高い水準で構築されたカラフルなインテリアとほぼ完ぺきなドライビングポジションです。実用性は壮観ではありませんが、2ドアのトレンディなハッチにとっても悪くありません。現在は廃止されたゴルフVIプラットフォームに基づいて現代のビートルは運転と落ち着きのある乗り心地を楽しんでいます。

Volkswagen Beetle Cabriolet

 ビートルカブリオレはきちんとした乗り心地とハンドリング、使いやすい実用性、そしていくつかのかなり有能なパワートレインは、説得力のあるケースを作るのに役立ちます。最初のカブリオレは1949年に導入され、2002年に登場した2世代モデルは品質を向上させ、スタイルを豊富に備えていましたが、ドライビングダイナミクスが損なわれているため、機能よりもフォルムが優れていました。

 ビートルカブリオレには2つのディーゼルエンジンと3つのターボガソリンの選択肢があります。正確なステアリングと滑らかなマニュアルギアボックスを使用すると運転が簡単で楽しく、ルーフを下にすると、フィネスの欠如に気づくことはありません。セットアップはミニよりも快適で、まともな遮音を提供する多層屋根のおかげで静かです。

 VWビートルカブリオレは前部は広々としていますが後部は窮屈に感じるでしょう。インテリアデザインはシンプルで使いやすくなっています。ファブリックルーフを除いて同じデザイン、同じレイアウト、同じ満足のいくビルド品質を得ることができます。フードは完全に自動化されており、最大50km/hも速度でわずか9秒で折りたたむことができます。

性能

 ターボチャージャー付の109bhp1.4 TSIガソリンエンジンは洗練されて応答性が高く148bhp2.0TDIは経済性とパンチの素晴らしい組み合わせを提供します。ビートルには4つのエンジンオプションがあり、エントリーモデルである104bhpと175Nmのトルクを備えた1.2LガソリンTSIユニット、これは112mphが最高で10.9秒で0-100km/hまで加速します。2つ目は109nhpと185Nmの1.4TSI、これは0-100km/hまでを8.7秒で加速します。残りの2つは2.0TDIディーゼルエンジンで109nhpか148bhpのいずれかになります。109bhpの方は0-100km/hを11.0秒で、148bhpは8.9秒になります。

両方とも6速マニュアルギアボックスで提供されますが、滑らかな6速と7速のツインクラッチDSGトランスミッションはオプションとして利用可能です。DSGボックスはスムーズにギアを変更しますが、低速では応答が少し遅く感じることがあります。全体としてツインチャージャーゆにってゃ故障しにくいエンジンなため経済的であり、6000rpm以降のレッドラインまで自由かつ漸進的に回転します。0-100km/hを8.3秒で加速します。以前のゴルフシャーシを使用することにより、ビートルは最新の空力技術と軽量素材を欠いているため、ここでも少し制御されています。

 すべてのモデルには複数のエアバック、衝突後ブレーキ、安全性制御、背面の2つのISOFIXチャイルドシートポイント、およびタイヤ空気圧警告システムが付属しており、オプションでクルーズコントロール、フロントおよびリアパーキングセンサー、自動ライトワイパー、バイキセノンヘッドライト、ブライドスポットモニターがあります。

インテリア

 古いMkVIゴルフの機械的なパッケージとシャーシに基づいているので、最新のアイテムを入手はできませんが、電話とオーディオ用のBluetooth接続を含むすべてのモデルに標準で6.5インチのタッチスクリーンがありますAppleCarPlayとAndroidAutoを含むApp-Connectはオプションで利用することができます。アップグレードされたコンポジションインフォテインメントシステムには8つのスピーカーとSMSテキストメッセージ音声制御機能が含まれます。オプションとして400ワットの電力、8つのスピーカーおよび電子機器の専門家であるPanasonicとエレキギターの伝統的なフェンダーが共同で設計したサブウーファーを備えたアップグレードされたステレオも利用できます。

 2016年には新機能、VWのCar-NetAPP-Connectの導入がされました。このシステムはApple CArPlay、Android Auto MirrorLinkを追加し、USB接続を介して互換性のあるスマートフォンのディスプレイを車のタッチスクリーンに表示できるようにします。インターネット接続があれば衛星ナビゲーションや音声制御などのさまざまなアプリを使用できます。