スーパーカー特集|MCLAREN(マクラーレン)765LT

スーパーカー特集|MCLAREN(マクラーレン)765LT

MCLAREN 765LT

全世界で765台限定で販売されました。765LTはロングテールの伝統である軽量化を受け継ぎFormaula1と同等のトランスミッション素材、ガラスの代わりにポリカーボネート製透明パネルが採用され重量は1229kgとベース車両である720Sよりも約80kgも軽くなっています。765LTのシルエットはスピード、エアロダイナミクスの安定性、瞬間的なレスポンスの為に形作らています。シャーシダイナミクスが強化され専用のスプリングとダンパーが装備されました。な10本スポークの超軽量鍛造アルミホイール、チタン製ホイールボルト、専用のピレリ「P Zero Trofeo R」タイヤを標準装備されています。専用のエアロダイナミクスには、マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターで製造されたカーボンファイバー製パネルが初めて採用されました。また720Sよりも25%高いダウンフォースを生み出しています。最新のLTにはカーボンファイバーを用いた傑作である新しいアクティブリアウィングが装備されています。

エンジン

エンジンはV型8気筒 4.0Lツインターボエンジンを搭載しており、最高出力は563kw(765PS)/7500rpm、最大トルクは800Nm/5500rpmになります。超低慣性ツインスクロールターボチャージャーと電子制御ウェイストゲートを備えています。このエンジンは公道とサーキットの両方でパフォーマンスとレスポンスの定義を一新します。トランスミッションには7速SSGが採用されています。乾燥重量でのパワーウェイトレシオは622PS/t、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は330km/hとなっています。高流量燃料システムとオイルシステムをアップグレードしたデザインであり、Formula1から導き出された素材から作られたファイナルドライブユニットを採用され、ギア比を最適化しつつ、加速性能を引き上げるデザインになっています。マクラーレンセナで使用されたエンジン技術と改良された高流量燃料システムとオイルシステムが、LTの内部でその真価を発揮します。

インテリア

765LTのインテリアは720Sのインテリアと似ていますが、個性に合わせて少し調節及び更新されています。720Sはカーボンファイバーが露出していない表面には革、アルカンターラ、アルミニウムがありましたが、765LTの場合露出している表面にはすべて軽量のアルカンターラでほぼ覆われています。ダッシュボードのデザインは720Sの使い慣れた上品なデザインで、中央にスイープセンターコンソールがあり、インフォテイメントシステムよの8インチ高解像度タッチスクリーンディスプレイと、様々な側面を制御するためのいくつかのノブとボタンがあります。標準の軽量カーボンファイバーシェルレーシングシートは720Sのスポーツシートよりも18kg軽量されています。また、オプションで超軽量カーボンファイバーレーシングシートを選ぶことができます。全体的なインテリアはカーボンファイバーレーシングシート、カーボンファイバーセンタートンネル、全体に軽量のアルカンターラを備えたモータースポーツにインスパイアされたデザインになっています。

スペック

エンジンV型8気筒4.0L ツインターボエンジン
最高出力563kw(765PS)/7,500rpm
最大トルク800Nm/5,500rpm
トランスミッション7速SSG
加速0-100km/h 2.8秒
0-200km/h 7.2秒
最高速度330km/h
重量1339kg
1229kg(乾燥重量)

価格

McLaren 765LT

  • 価格:¥74,953,154
  • 年式:新車
  • 走行距離:0km
  • 排気量:3,994cc
  • パワー:563kw
  • 燃料等:ガソリン/左/AT

_201
_201
_202
_202
_20
_20
_203
_203
_207
_207
_208
_208
_2010
_2010
_209
_209
_2011
_2011
_2012
_2012
_204
_204
_2014
_2014
_2013
_2013
_206
_206
_205
_205
previous arrow
next arrow

この車両・類似車両について問い合わせる