スーパーカー特集|McLaren P1(マクラーレン P1)

スーパーカー特集|McLaren P1(マクラーレン P1)

McLaren P1

2013年にジェネーブモーターショーで発表されました。マクラーレンP1は限定生産である中間エンジン、プラグインハイブリッドのスポーツカーになります。P1は、カーボンファイバーモノコックとルーフ構造のセーフティーケージコンセプトを使用した、ミッドエンジン、リアホイールドライブのデザインでMonoCageの開発です。20年も前に登場し、スーパーカーの常識を覆したMcLaren F1の正当な後継車としてP1は生産されました。マクラーレンは1981年にMP4/1によってFormula 1の世界にカーボンファイバーシャーシをもたらし、世界で初めてロードカーに採用しました。P1にはそういったこれまでの経験が詰められています。電気モーターを介して加速を瞬時に高めるインスタントパワーアシストシステム、車の後部翼を操作するドラッグリダクションシステムなど、F1から派生した機能があり、直線速度を向上させます。これらの機能(IPAS、DRS)はステアリングホイールの2つのボタンを介して操作できます。

McLaren P1GTR
1995年のルマン24時間レースの勝利から20年を迎えP1GTRを発売し、GTRの名前を復活させました。当初はP1の所有者のみにが購入することができる使用でした。この車にはスリックタイヤも備えられており、ロードカーと比較してパフォーマンス、グリップ、エアロ、ダウンフォースのレベルが高くなっています。

その他のモデルとして、
P1 LM(2016-2017)
P1 GTRの生産が完了し、トラックのみのP1 GTRを道路法廷仕様に変更したモデルになります。P1LM仕様に変更するためにドライブトレインハードウェアに変更を加え、リアウィングとより大きなフロントスプリッターをダイビングプレーンとともに採用し、空気を取り除きました。ジャックシステムと取り付けられたインコネル触媒コンバーターパイプとエキゾーストヘッダー、軽量の製造されたチャージクーラー軽量シートなど様々な変更を加えた結果GTRと比べて60kgの重量が削減され、ダウンフォースが40%増加しました。
P1 GTR-18
P1GTに見られるのと同じロングテールのボディーワークに加えてリアウィングの変更、より大きなフロントスプリッター、ダウンフォースを高めるためのルーバーが使用されています。
P1 GT
P1 GTRに元ずく1回限りのスペシャルモデルになります。

エンジン

P1には3.8L ツインターボチャージャー付V8エンジンが備えられています。ツインターボによりガソリンエンジンをブーストすることで、出力を737PS(542kw;727hp)/7,500rpm、トルクが531lb・ft(720Nm)/4,000rpmを生み出し、自社開発の電気モーターによって192lb・ft(260Nm)のトルクを生み出します。電気モーターとガソリンエンジンで合計の出力、674kw(903hp;916PS)、トルクを900Nm(664lb・ft)、生み出します。P1の加速は0-100km/hを2.8秒、0-200km/hを6.8秒で最高速度は350km/hになります。電気モータはドライバーが手動か自動モードかを選ぶことができます。車のECUがターボラグとみなされるガソリンエンジンの出力のギャップをトルクフィルさうることにより、パワートレインに約7,000rpmの有効パワーバンドが与えられます。トランスミッションは7速デュアルクラッチが搭載されています。車両はガソリンエンジンか電気モーター、またはその二つの組み合わせのいずれかを使用して操作できます。P1はヨーロッパでの複合ドライブサイクルにおいて全電気航続距離は少なくとも10kmとなっています。

電気モータの電力はキャビンの後ろにある324セルのリチウムイオン高密度バッテリーパックに備えられています。バッテリーはエンジンまたはプラグイン機器を介して充電することができ、2時間で完全に充電ができます。

インテリア

キャビンはジェット戦闘機をイメージされています。重量を少なくするためにP1の室内は消音は行われておらず、軽量カーペットを李王できるようにしています。レーシングスタイルのシートは最小限のパッドが使用され、カーボンファイバーシェルはそれぞれわずか10.5kgの重量を提供します。シートリクライニング機能は制限されており、ヘルメットを着けたドライバーに対応するために、シートは垂直から28度の設定と垂直から32度の設定ができます。スイッチ類はエアコン、タッチパネル式のナビゲーション、メリディアン製のオーディオシステムが備わっています。シートの高さは個々のドライバーにあわせてセットアップされます。インパネにはデジタル式が取り入られ、通常時はディスプレイに9,000回転まで刻まれたレブカウンターが表示されますが、レースモードを選択するとF1マシンコックピット同様にグリーン、レッド、ブルーの三食のライトが点灯しタイミングを知らせるシフトインゲージケーター表示に切り替わります。

スペック

エンジン3.8LツインターボチャージャーV8
電気モーター1マクラーレンEモーター
バッテリー4.7kw リチウムイオン電池
出力エンジン:737PS(542kw;727hp)/7,500rpm
モーター:179PS(132kw;177hp)
トルクエンジン:531lb・ft(720Nm)/4,000rpm
モーター:192lb・ft(260Nm)
加速0-100km/h:2.8秒
0-200km/h:6.9秒
0-300km/h:16.5秒
最高速度350km/h
乾燥重量1,395kg
全長・全幅・全高4,588mm、1,946mm、1,188mm

価格

マクラーレンP1

  • 価格:249,800,000
  • 年式:2014年
  • 走行距離:9,858km
  • 燃料等:ハイブリッド、AT、左
  • 排気量:3,799cc
  • パワー:674kw(916hp)

車両写真

_20
_20
_206
_206
_204
_204
_202
_202
_203
_203
_201
_201
_205
_205
_2012
_2012
_2013
_2013
_2010
_2010
_207
_207
_208
_208
_209
_209
_2020
_2020
_2011
_2011
_2021
_2021
_2022
_2022
_2015
_2015
_2017
_2017
_2016
_2016
_2014
_2014
_2018
_2018
_2019
_2019
_2023
_2023
previous arrow
next arrow

この車両・類似車両について問い合わせる