アクセルを踏み込むとエンストする・止まる原因と対処法

アクセルを踏み込むとエンストする・止まる原因と対処法

トラブル症状

エンジンは始動するものの、走行しようとするとエンスト・停止してしまう。アクセルを軽く踏む分には走行可能ですが、一定以上踏み込んだり急激に踏み込むとエンストしてしまう。ただし、どちらのパターンでも再始動は可能なことが多いです。

この症状はセンサーやアクチュエーター(実際に作動する部品)に確実に異常が起きている状態です。走行不能な場合は放置しようとする人はいないと思いますが、そのまま放置しても症状が改善することはなく、症状の進行状態によってはエンジンの始動が困難になる可能性もあります。

考えられる原因と故障診断

①エアフロメーターの故障

原因

エアフロメーターはエンジンの吸入空気量を計測するセンサーです。このセンサーは、アイドリング時、加速時(発進時)、および定速走行時に空気の吸入量の変化を測定し、そのデータに基づいてECUが適切な燃料の噴射量を調整しています。エアフロメーターが故障すると、吸入空気量の正確な計測ができなくなり、ECUが適切な燃料噴射量を判断できなくなります。その結果、アイドリング時にエンジンがかかっていても、アクセルを踏み込んで空気の吸入量が増えることを検知できず、必要な燃料を供給できないため、エンストしてしまう可能性があります。

診断方法

診断ツールを車両に接続し、エラーの有無やセンサーのデータを確認します。エアフロメーターの数値をモニターし、アクセルを踏み込んで吸入空気量を変化させても診断ツールに表示されている数値が変わらない場合、エアフロメーターが故障していることが判別できます。

修理・改善方法

エアフロメーターを新しいものに交換することによって改善します。交換後、診断ツールを再接続して数値の正常化を確認します。

②MAPセンサーの故障

原因

MAPセンサー(Manifold Absolute Pressure)は、吸入空気量を圧力センサで計測する方式のセンサーです。エアフロメーターがセンサーを通過する空気を直接計測しているのに対し、MAPセンサーはインテークマニホールドやスロットルバルブ内の圧力を間接的に測定して吸入空気量に換算しています。役割自体はエアフロメーターと同じなので、MAPセンサーが故障すると、吸入空気量の検知ができず、エンジン不調やエンストを引き起こす可能性があります。

診断方法

診断ツールを車両に接続し、エラーの有無やセンサーのデータを確認します。アクセルを踏み込み吸入空気量が変化しても、診断ツールでMAPセンターに表示されている数値が変わらない場合、MAPセンサーが故障していることが判別できます。

修理・改善方法

MAPセンサーを新しいものに交換することで改善します。交換後は診断ツールを再接続し、数値が正常に表示されるかを確認します。

③スロットルセンサーの故障

原因

スロットルセンサー(スロットルポジションセンサーとも呼ばれる)は、スロットルバルブの開閉状態を検知するセンサーで、このバルブの開閉により空気量をコントロールします。

スロットルバルブの開度はアクセルペダルの踏み込み量と連動し、アクセルを踏み込むと、スロットルバルブが開いて吸入空気量を増加させます。スロットルセンサーが故障すると、アクセルペダルの操作に対してスロットルバルブが適切に反応しないことがあり、実際のスロットルバルブの開度とECUに送られる数値に誤差が生じることがあります。この結果、計算が不正確になり、エンジン不調やエンストを引き起こす原因となります。

診断方法

診断ツールを車両に接続し、エラーの有無やセンサーデータ、アクチュエーターへの信号を確認します。アクセルを踏み込んだ際にスロットルセンサーの数値が適切に変化し、スロットルバルブが連動して正常に動作しているかを確認します。

修理・改善方法

スロットルセンサーが故障している場合は、新しいスロットルセンサーに交換することによって改善します。交換はセンサー単体で可能な場合と、スロットルバルブASSYの交換が必要になる場合があるため確認が必要です。

④アクセルポジションセンサーの故障

原因

アクセルポジションセンサーは、アクセルの踏み込み量を検知し、その情報をもとにスロットルバルブの開閉信号を出力するセンサーです。このセンサーが正確にアクセルの踏み込み量を検知できない場合、エンジン停止や走行不良といった問題を引き起こすことがあります。

診断方法

診断ツールを車両に接続し、エラーの有無やセンサーのデータを確認します。アクセルの踏み込み量に対してアクセルポジションセンサーの数値が適切に変化していれば、センサーは正常に機能していると判断できます。

修理・改善方法

アクセルポジションセンサーに故障が見られる場合は、新しいセンサーに交換することで改善します。

⑤インジェクターの故障

原因

インジェクターは燃料噴射装置で、故障すると燃料の噴射が不適切になることがあります。インジェクターが適切に機能していない場合、アクセルを踏み込んだ際にエンストやエンジンが停止する症状があるほか、エンジンの振動が大きくなったり、加速時にもたつくなどの症状が併発するケースが多くなります。

診断方法

診断ツールを車両に接続し、エラーの有無を確認します。また、パワーバランステスト※を実施してエンジン回転の変化を観察し、不具合がある気筒を特定することが可能です。ただし、パワーバランステストでは問題が点火系統か燃料噴射系統のどちらに起因しているかは明確にはならないため、不具合のある気筒の点火をチェックする必要があります。

修理・改善方法

不具合のあるインジェクターを交換することで改善します。ただし、交換したインジェクターによっては、噴射特性の補正などのためECUにID登録が必要になるケースもあるため注意が必要です。

⑥イグニッションコイル(ダイレクトイグニッション)の故障

原因

イグニッションコイルは、エンジンの点火に必要な高電圧を生成する部品です。このコイルが故障すると、必要な電圧が供給されず、適切なタイミングでの点火が行えないため、エンジンの性能に影響を及ぼす不具合が発生します。

診断方法

診断ツールを接続し、エラーの有無やパワーバランステスト※を行います。エンジンが稼働している間にダイレクトイグニッションを順番に取り外していくことでテストをします。ディストリビューター式の場合、プラグコードを順に取り外してテストすることができますが、感電のリスクがあるため、特に注意が必要です。

修理・改善方法

不具合が確認された気筒のダイレクトイグニッションコイルを交換することで改善します。非電制イグニッションの場合は、、プラグコードの交換やまたはイグニッションコイル自体を交換することで改善します。

⑦ECUの故障

原因

ECU(Electronic Control Unit)は、各センサーからの情報を基にエンジンの動作をコントロールする中核部品です。いくらセンサーが正しい計測とデータが送信されていても、ECU本体が故障して場合、インジェクターやアクチュエーターへの適切な指令が出せず、車は正常に機能しなくなります。

診断方法

エンジンチェックランプやワーニングランプが不規則に点灯または消灯する、診断ツールを接続しても通信障害が発生する、または通信後の数値が異常である場合が多く、これらはECUの問題を示唆しています。また、ECUの基板を直接視認することで、電子部品の変色や焼けから判断が可能な場合もあります。ECUが故障すると、イモビライザーが認識しないなどの多くの問題が発生するのも特徴です。

修理・改善方法

不具合のあるECUを新しいものに交換することで改善します。新しいECUには、初期学習や追加設定が必要なケースが多いため、経験豊富なショップや修理工場での対応が必要です。

用語解説

※パワーバランステスト

パワーバランステストは、各インジェクターの噴射を意図的に停止させたり、プラグコードを抜くことで行います。このテストを用いてエンジンの各気筒が正常に機能しているかを評価します。特定の気筒で燃料噴射や点火系に問題がある場合、エンジンのバランスが崩れ、振動が大きくなることがあります。例えば2番シリンダーのインジェクターが不調を起こしている場合は、1番シリンダーの噴射を止めると不具合を起こしている気筒が増えるため、より症状が悪化します。次に、1番シリンダーの噴射を再開し、2番シリンダーの噴射を停止します。2番シリンダーが元々不具合を抱えているため、その噴射を停止してもエンジンの振動に大きな変化は見られません。一方、3番と4番シリンダーは1番シリンダーの噴射を停止したときと同様の反応を示します。この観察により、変化の少ない2番シリンダーが不具合を起こしていると特定できます。

輸入車の故障・トラブル・診断はご相談ください。

輸入車の修理・整備から故障診断まで、認証整備工場のYMワークスにお任せください。この道一筋の経験豊富なベテランメカニックが、お客様のご予算やご要望、車両の状態に合わせて最適なサービスをご提案いたします。

他店やディーラーでご購入された車や、修理を断られた場合でも、ぜひお気軽にご相談ください。輸入販売、車検、点検整備、修理、板金塗装から、買取やカスタム・モディファイまで、輸入車のことならYMワークスにご相談ください。あなたのこだわりのカーライフを全力でサポートいたします。

修理・整備について問い合わせる