電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/Renault Kangoo ZE electric(ルノー カングーZE)

電気自動車(EV車)おすすめ並行輸入特集/Renault Kangoo ZE electric(ルノー カングーZE)

※価格・車両ページは2ページ目からになります。こちらをクリックして2ページ目に移動できます。

ルノー カングーZE|モデル概要

ルノーカングーはバッテリーと電気モーター技術を絶えず開発するというRenaultの取り組みのおかげで、小型商用車クラスの初期のフロントランナーでした。2013年にいくつかの変更が加えられ、2017年にZE 33の範囲が新しいバッテリーとモーターで導入されました。ルノーゾエスーパーミニと同様の技術が使用されています。

2013年の更新でより目立つロゴ、先細のヘッドライト、再設計されたフロントバンパー、ボンネット、フロントウィングを備えたルノーの新しいデザインアイデンティティが組み込まれ、バンに張り詰めた筋肉質な外観を与えています。2017年には15インチのホイール、ダークグレーのフロントとリアのバンパー、ぐれーのサイドプロテクションモールディング、ルーフバーの固定具が追加されました。

ステアリングが軽くて応答性が高く、乗り心地が非常に良いという点で、ディーゼル車と同じ運転特性を共有しています。ZEはフロアランプにあるバッテリーからの重心が低くなっているため、路上での落ち着きが増しています。時々大きなバンプに驚くかもしてませんが、すべてのルノーバンと同様に快適で運転しやすいです。

ZEでは標準の4.2mの長さのバリエーションと、より大きな4.6mの長さのマキシモデルの2つの主要なボディスタイルを選択することができます。カングーの電動バージョンも、ディーゼルバージョンに見られる標準のビジネス仕様に一致する独自のトリムレベルを取得し、歩行者に警告するZEボイスノイズ機能や内部予熱機能が追加されます。

性能/機能

カングーZEのバッテリーのアップグレードは22kwhから33kwhになり、59bhpの電気モーターによって進みます。ルノーゾエに動力を供給するために使用されるR90モーターに基づいて、カングーZEのこのR60モーターは161lb・ftの瞬時のトルクを生成します。他のディーゼル車よりもローダウン加速が優れています。

ルノー公式の航続距離では143マイル(230km)とされていますが、およそ124マイル(200km)の可能性の方が高いとされています。また、寒い天候などで、暖房を使用した場合の航続距離は75マイル(120km)になる可能性が高いとされています。ダッシュボードにはECOスイッチがあり、低速でのスロットルレスポンスを低下させて範囲を拡大します。

ZEはより長い航続距離を提供する大きなバッテリーにアップグレードされたことによって、以前よりも充電時間が長くなりました。単相7kw(32A)充電器をサポートするようになりました。フル充電には6時間かかりますが、急速充電の補充も可能で、1時間の充電で約22マイル(35km)追加できます。通常の3ピン電源装置での100%までの充電までおよそ18-20時間ほどかかる。

ルノー カングー E-Tech

ZEは2022年アップグレードされ、E-Techとして販売されています。E-Techは前モデルよりも幅が広く便利です。2つのホイールベースの長さの選択ができます。標準ていなバンに3.9m³の負荷スペースと最大4.9m³の容量のロングホイールベースモデルがあります。通常のバンのペイロードは最大で600kgですが、マキシバージョンはメッキされた総車両重量が高いため、最大800kgを運ぶことができます。

新しいカングーE-TECHはピークトルクが245Nmの90kwの電気モーターを搭載しています。バンの床下には45kwhのバッテリーパックが配置されています。ルノーは186マイル(300km)の航続距離をもつと主張しています。3つの設定位置で回生ブレーキをかけることができ、軽負荷時の航続距離を最大化するエコドライブモードもあります。

充電能力もZEの出力よりも大幅に改善されており、最大80kwの急速充電が標準となっています。これによって約30分で100マイル(160km)以上の距離を充電できるとされています。11kwまたは7.4kwのウォールボックス充電も可能です。11kwだと10-80%まで充電するのに4時間弱かかり、7.4kwだと6時間ほどかかります。オプションで22kw充電器と組み合わせてヒートポンプを利用できるためバッテリーから消耗することなく暖房を使用することができます。

電気モデルのカングーには燃焼エンジンモデルと同じレベルの機器が卑俗しています。背面には、最大2.5メートルもアイテム用に同じ屋根に取り付けられた収納ラックがあり、ルノーのピラーレススライドドアシステムにより、狭いスペースでより長いアイテムをより簡単に包み積み込むことができます。

ルノー カングーZE|インテリア

ZEのインテリアは、見た目は通常のカングーと変わりません。運転席と助手席の間に中央収納コンパートメントがあり、ダッシュボードにはA4サイズの収納スペースがあります。トリムレベルにはビジネスとビジネス+があります。ビジネス+には様々な装備品に加えて、ワンタッチの電動フロントウィンドウとリア、パーキングセンサーが装備されています。

MyZEConnectサービスパックによってドライバーはどこにいてもスマートフォンやコンピューターを使用して、バッテリーの充電レベル、推定残存距離、充電状態、フル充電までの残り時間、場所などのドライブ前の情報を確認できます。MyZEInter@ ctiveパックを所有している場合はリモートで車内の温度を事前調整したり電気代を考慮して充電スケジュールをプログラムできます。

ZEのホイールベースは40cmほど長くなり、全長は4.6mになりました。このモジュール式の用途の広いバンは、4つのバリエーションで利用できます。最大3.6m³の容量または4.6m³の耐荷量、カングーマキシクルーバン、5席、耐荷量1.3m³または最大3.6m³。このバージョンには」、60/40分割折り畳み式リアベンチシートが付属しており、4つの異なるインテリアレイアウトのいずれかに配置できます。使用しないときは、後部ベンチシートを折りたたんで完全にフラットなデッキにできます。

ルノー カングーマキシZE|スペック

バッテリー容量33kwh
航続距離約200km
充電時間(7.4kw AC)0-100% 5-6時間
出力44kw
トルク225Nm
最高速度130km/h
加速0-100km/h 22.4秒
ホイールベース3081mm
最大貨物量3400L
全長/全幅/全高4666mm/2138mm/1802mm
車両総重量2270kg